おなかポッコリ解消レシピ

毎週更新!最新のレシピ一覧

  • かぶたらみぞれ鍋

    レシピメモ
    低脂肪のたらのような魚でたんぱく質を補給することで脂肪の摂取を減らし、温かいお鍋で寒さを乗り越えましょう。
    エネルギー
    1人分151kcal

    詳しく見る

  • 炒めセロリのオレンジヨーグルトソース

    レシピメモ
    ヨーグルトには腸内のビフィズス菌を増殖させる働きがある乳酸菌が含まれ、食物繊維が豊富なセロリと一緒にとることで整腸作用が高められると言われています。
    エネルギー
    1人分43kcal

    詳しく見る

  • あじ刺しと玉ねぎの甘酢しょうが和え

    レシピメモ
    あじには、免疫機能を整える働きがあるビタミンB6が多く含まれています。体を温める働きがあるしょうがと一緒にとって、寒い冬を乗り切りましょう。
    エネルギー
    1人分61kcal

    詳しく見る

  • なめこと牛肉のごま山椒炒め

    レシピメモ
    なめこなどのきのこに多く含まれるβグルカンは免疫機能を高める働きがあり、牛肉に多く含まれるたんぱく質と一緒にとることで、免疫力アップに役立ちます。
    エネルギー
    1人分443kcal

    詳しく見る

  • さばとブロッコリーのカレー煮込み

    レシピメモ
    さばに多く含まれるEPAと呼ばれる脂肪酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして血液をサラサラにすることで、血管年齢の若返りに役立つと言われています。
    エネルギー
    1人分459kcal

    詳しく見る

  • セロリとアーモンドのポテトサラダ

    レシピメモ
    酸化を防ぐ作用と毛細血管を拡張する働きがあるビタミンEを含むアーモンドと、高血圧予防に役立つと言われるカリウムを含むじゃがいもを使った、血管の老化を防ぐレシピです。
    エネルギー
    1人分165kcal

    詳しく見る

  • 鶏団子とレタスの豆乳煮

    レシピメモ
    レタスのようなGI値の低い食品を選ぶことで、食後の血糖値の急激な上昇が抑えられます。レタスは加熱することでかさも減り、満腹感が得られます。
    エネルギー
    1人分154kcal

    詳しく見る

  • なすとほうれん草の甘酢なめこ煮

    レシピメモ
    血糖値の上がる速さを判断する数値としてGI値が使われています。なすやほうれん草、なめこはGI値が低く、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
    エネルギー
    1人分156kcal

    詳しく見る

  • カリー ガー(ベトナム風チキンカレー)

    レシピメモ
    鶏肉はケラチンからなる毛髪の構成物質である必須アミノ酸のスレオニンを多く含みます。溶け出したスレオニンも余すことなく摂ることができるレシピです。
    エネルギー
    1人分655kcal

    詳しく見る

  • 長いもとアボカドの白和え

    レシピメモ
    アボカドに含まれるビタミンC・Eは紫外線によっておこる細胞の酸化を防ぎ、加えて血行を促進する作用のあるビタミンEにより髪を健康に保ってくれます。
    エネルギー
    1人分158kcal

    詳しく見る

  • 半熟卵の肉巻きおにぎり

    レシピメモ
    肉巻きおにぎりは糖質・脂質・たんぱく質のバランスよく含まれています。糖質や脂質が不足するとたんぱく質がエネルギー源として使われてしまい、筋肉減少の原因となるのでしっかり摂りましょう。
    エネルギー
    1個分488kcal

    詳しく見る

  • 麻婆じゃが

    レシピメモ
    筋肉などの細胞をつないで丈夫にするコラーゲンが多く含まれる豚ひき肉と、ビタミンCを多く含むじゃがいもを一緒に摂ることで、コラーゲンを効率よく利用することができます。
    エネルギー
    1人分345kcal

    詳しく見る

  • キャベツたっぷり豆腐クリームのサンドイッチ

    レシピメモ
    神経の興奮を抑える作用があるカルシウムを含む豆腐やキャベツを使ったサンドイッチです。成人女性の1日の推奨量の2割強のカルシウムを摂れます。
    エネルギー
    1人分433kcal

    詳しく見る

  • カレーつけめん

    レシピメモ
    つけだれに牛乳を使うことで減塩できます。牛乳には健やかな睡眠に欠かせない必須アミノ酸のトリプトファンとビタミンB6が多く含まれています。
    エネルギー
    1人分584kcal

    詳しく見る

  • 和風ソパ・デ・アホ(にんにくスープ)

    レシピメモ
    にんにくに含まれるアリシンは、体内で糖質がエネルギーに変わるのに欠かせないビタミンB1の吸収を促進し、疲労回復に働きます。
    エネルギー
    1人分232kcal

    詳しく見る

  • 車麩の黒酢豚風

    レシピメモ
    豚肉の代わりに全粒粉の車麩を使った玄米菜食メニューです。酢の酸味は、唾液や胃液の分泌を促して食欲増進に役立ちます。
    エネルギー
    1人分328kcal

    詳しく見る

  • 寒天寄せ

    レシピメモ
    寒天やきくらげには食物繊維が多く含まれており、腸内環境改善に役立ちます。見た目にも涼しげな暑い季節にぴったりの一品です。
    エネルギー
    1個分209kcal

    詳しく見る

  • 野菜と豆の全粒粉パスタ

    レシピメモ
    全粒粉のパスタや豆に多く含まれている食物繊維は、腸の働きを刺激して、腸内に発生した有害物質の排出を促す作用があります。
    エネルギー
    1人分878kcal

    詳しく見る

  • 鮭とじゃがいものレモンはさみ焼き

    レシピメモ
    鮭の皮に多く含まれるコラーゲンと、レモンやじゃがいもに含まれるビタミンCを一緒にとることで、コラーゲンの合成を促進し、肌に弾力と張りを与えてくれます。
    エネルギー
    1人分276kcal

    詳しく見る

  • ゴーヤーと豚肉のカレー風味炒め

    レシピメモ
    シミを防ぐビタミンCはゴーヤーから、豚肉からはコラーゲンの合成を促進する働きがあると言われるプロリンというアミノ酸が摂取できる、紫外線対策に有効なレシピです。
    エネルギー
    1人分229kcal

    詳しく見る

  • レタスもつ鍋

    レシピメモ
    にんにくにはビタミンB1とアリシンが含まれて疲労回復に役立ち、ビタミンCがストレスへの抵抗力を高める働きが期待できます。ビタミンB1・Cは水溶性ビタミンなのでスープを残さずいただくことをおススメします。
    エネルギー
    1人分332kcal

    詳しく見る

  • さば缶とれんこんのペンネアラビアータ

    レシピメモ
    骨まで食べられるように調理されているさば缶。その豊富なカルシウムと、れんこんに含まれるビタミンCは、ストレス解消に役立つ栄養素と言われています。
    エネルギー
    1人分454kcal

    詳しく見る