おなかポッコリ解消レシピ

毎週更新!最新のレシピ一覧

  • 鮭とじゃがいものレモンはさみ焼き

    レシピメモ
    鮭の皮に多く含まれるコラーゲンと、レモンやじゃがいもに含まれるビタミンCを一緒にとることで、コラーゲンの合成を促進し、肌に弾力と張りを与えてくれます。
    エネルギー
    1人分276kcal

    詳しく見る

  • ゴーヤーと豚肉のカレー風味炒め

    レシピメモ
    シミを防ぐビタミンCはゴーヤーから、豚肉からはコラーゲンの合成を促進する働きがあると言われるプロリンというアミノ酸が摂取できる、紫外線対策に有効なレシピです。
    エネルギー
    1人分229kcal

    詳しく見る

  • レタスもつ鍋

    レシピメモ
    にんにくにはビタミンB1とアリシンが含まれて疲労回復に役立ち、ビタミンCがストレスへの抵抗力を高める働きが期待できます。ビタミンB1・Cは水溶性ビタミンなのでスープを残さずいただくことをおススメします。
    エネルギー
    1人分332kcal

    詳しく見る

  • さば缶とれんこんのペンネアラビアータ

    レシピメモ
    骨まで食べられるように調理されているさば缶。その豊富なカルシウムと、れんこんに含まれるビタミンCは、ストレス解消に役立つ栄養素と言われています。
    エネルギー
    1人分454kcal

    詳しく見る

  • しめじとかきの酸辣湯

    レシピメモ
    酸辣湯は、酢の酸味と、唐辛子や胡椒の辛味を利かせたスープです。酸っぱいものや辛い食べ物は副交感神経の働きを優位にして、自律神経を整えると考えられています。
    エネルギー
    1人分72kcal

    詳しく見る

  • ブロッコリーと根菜の酒粕煮

    レシピメモ
    発酵食品である酒粕は、食物繊維や発酵の力で腸内環境を整えて免疫力をアップし、自律神経の乱れを整える働きが期待できます。
    エネルギー
    1人分136kcal

    詳しく見る

  • えびとアスパラガスのチーズ炒め

    レシピメモ
    カマンベールは乳酸菌発酵を利用してつくられるチーズで、腸内環境を整える働きがある乳酸菌とカルシウムの働きでイライラを解消する働きも期待できます。
    エネルギー
    1人分230kcal

    詳しく見る

  • サラミ詰めローストポークの温野菜添え

    レシピメモ
    サラミは長期間の保存に耐えられるように乳酸菌によって発酵させ、それから熟成・乾燥させてつくられる加工食品で、乳酸菌の整腸作用も期待できます。
    エネルギー
    1人分665kcal

    詳しく見る

  • サーモンとかぶの生春巻き

    レシピメモ
    鮭には血液をサラサラにする働きのあるEPAが多く含まれます。野菜も一緒につまめる生春巻きは栄養のバランスがよく、おもてなしにもおすすめです。
    エネルギー
    1人分178kcal

    詳しく見る

  • 牛肉とたっぷり野菜の2色みそ焼き

    レシピメモ
    年末年始はごちそうを食べる機会も多く、食生活も乱れがち。脂肪分が少ない牛もも肉と、野菜を一緒にとることで、乱れた食生活の改善に役立ちます。
    エネルギー
    1人分199kcal

    詳しく見る

  • ほたてとかぶのサラダ仕立て

    レシピメモ
    アマニ油は血管をしなやかにしたり、血行をよくする働きのあるα‐リノレン酸を多く含んでいるので、寒くなるこの時期には食事に取り入れるといいですね。
    エネルギー
    1人分188kcal

    詳しく見る

  • 砂肝とほうれん草の中華和え物

    レシピメモ
    ラー油に含まれる血液の流れをよくするビタミンEと、砂肝に含まれる全身に酸素を運ぶ働きのある鉄が、冷え性の原因でもある血行促進に役立つと言われています。
    エネルギー
    1人分94kcal

    詳しく見る

  • ごぼうのみそキムチ鍋

    レシピメモ
    キムチに含まれる植物性乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸まで届くと言われていますが、熱には弱いもの。しかし、死滅しても腸を刺激して免疫力アップにつながるといわれています。
    エネルギー
    1人分473kcal

    詳しく見る

  • えびいもの肉みそお焼き

    レシピメモ
    高菜漬けやみそに含まれる生きた植物性乳酸菌は腸内環境を整え、免疫力をアップする効果が期待できます。死滅してしまった菌も腸内細菌の餌になるなど腸内環境を整えるのに役立ちます。
    エネルギー
    1人分234kcal

    詳しく見る

  • さばと玉ねぎの甘酢炒め

    レシピメモ
    血糖値が上がる速さは「GI値」で判断されます。玉ねぎやさばなどのGI値の低い食品を選ぶことで、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。
    エネルギー
    1人分646kcal

    詳しく見る

  • オクラのフライ梅肉みそとしそチーズ

    レシピメモ
    オクラの粘り成分である水溶性食物繊維のペクチンは、糖分の消化吸収速度を抑える働きがあり、血糖値の上昇を抑えると言われています。
    エネルギー
    1人分366kcal

    詳しく見る

  • にんじんとひじきとさば缶のきんぴら

    レシピメモ
    骨ごと調理してあるさばの缶詰には、カルシウムやビタミンDが多く含まれているので、日常の食生活に取り入れると不足しがちな栄養素の補給源になります。
    エネルギー
    1人分119kcal

    詳しく見る

  • サーモンと野菜のガトー・インビジブル

    レシピメモ
    牛乳やチーズに含まれるカルシウムは、ビタミンDが豊富なスモークサーモンと組み合わせることで、効率的に摂取することができます。
    エネルギー
    1/6切れ分換算198kcal

    詳しく見る

  • はと麦としじみのスープ

    レシピメモ
    薬膳料理で粥に使われるはと麦やしじみには、皮膚や粘膜の機能を維持する働きを持つビタミンB2が含まれていて、紫外線からの害から身を守ってくれます。
    エネルギー
    1人分60kcal

    詳しく見る

  • ビタミン野菜のチーズドライカレー

    レシピメモ
    紫外線を浴びることで増える活性酸素。β-カロテンやビタミンC・Eなどがたっぷりと含まれるパプリカやトマトなどの野菜を食べて、抗酸化力をアップしましょう。
    エネルギー
    1人分705kcal

    詳しく見る

  • 梅まぐろステーキ丼

    レシピメモ
    まぐろにはたんぱく質とその代謝に不可欠なビタミンB6が含まれています。ストレスを感じたときに消費しやすいたんぱく質を補給することは不眠解消にも役立ちます。
    エネルギー
    1人分672kcal

    詳しく見る

  • モロヘイヤの焼き餃子

    レシピメモ
    刻むとぬめりが出るモロヘイヤは栄養価の高い野菜です。特に多い栄養成分はβ‐カロテンや、ストレスやイライラからくる不眠の改善に役立つと言われるカルシウムです。
    エネルギー
    1人分365kcal

    詳しく見る