エラグ酸がシミを抑制するメカニズム

シミの原因のひとつはチロシナーゼの活性化

お肌には、紫外線やホルモンバランスの乱れなど、さまざまな刺激によって、シミのもととなるメラニンが生成されます。通常、このメラニンはターンオーバーによってお肌の外に排出されますが、メラニンが過剰に作られたり、ターンオーバーが停滞して正常に排出されなかった場合には、お肌の中に蓄積されシミになってしまいます。

メラニンが作られる仕組み
皮膚が紫外線などの刺激を受ける。
メラノサイト内でチロシナーゼが活性化する。
メラニンが作られる。
紫外線・化学物質・物理刺激 ホルモンバランスの乱れ 蓄積されてシミ化するメラニン

植物性美白ポリフェノール「エラグ酸」+「ビタミンC誘導体」がチロシナーゼの活性化を抑えます。

お肌でメラニンが生成されるカギを握っているのが、酸化酵素チロシナーゼです。このチロシナーゼが活性化し、メラニンが作られます。「エラグ酸」には、チロシナーゼの活性を阻害する働きがあるため、メラニンの生成を抑えることができるのです。さらに、抗酸化作用が高い「ビタミンC誘導体」にも、メラニン生成を阻害する作用があります。

紫外線・化学物質・物理刺激 ホルモンバランスの乱れ 蓄積されてシミ化するメラニン

フェリゾナ リッチホワイトニングエッセンスは、
「エラグ酸」と「ビタミンC誘導体」、「ビタミンE誘導体」の
有効成分でシミをもとから抑えます。

関連コンテンツ

felizona(フェリゾナ)の商品のご紹介